資料を探す

本・雑誌・音楽・映像を探す。情報の調べ方を知る。

ホーム
利用案内
図書館のサービス内容
児童サービスについて

児童サービスについて

最終更新日 2016年04月07日
| Share
成田市立図書館の児童サービスは、0歳から中学生くらいまでをサービス対象にしています。
児童コーナーを楽しく、興味深いコーナーにしようと、新しい本を買ったり、古くなった本を買い直ししたり、季節に合わせた展示をしたりしています。

毎週土曜日に11時からおはなし会をしています。
また、訪問おはなし会として、学校などに出前サービスもしています。

夏休みと春休みには、おはなしのサークル「おはなしがらがらどん」と一緒に図書館で「なつやすみおはなしかい」「はるやすみおはなしかい」を開いています。

  • マイノリティサービス(Minority Service)
    英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、 韓国語、中国語等の本が、絵本を中心にあります。
    ご希望の本が見つからない場合は、職員にお尋ねください。

  • 学校の先生方へ
    児童担当の司書が、子どもたちに図書館の使い方や本の探し方などを説明します。
    ご希望があれば、図書館にご連絡ください。
    図書資料を使った学習を図書館は支援します。
    学校司書と連絡を取り合って、事前に学習に使える資料がどれだけあるのか、確かめてください。

  • 保護者の方へ
    「はじめてであうほん」コーナーがあります。
    0歳から2歳くらいまでのお子さんのために絵本をお探しの方は、どうぞ、ご覧ください。
    赤ちゃんと一緒に、絵を指さしたり、ことばの響きやリズムを楽しんでください。

    ことばは、人間が世界を認識する第一歩です。しかし、ことばを獲得する過程は、子どもそれぞれで違うものです。「教育」のためだけでなく、ぜひ、図書館を楽しんでください。

    図書館には、児童担当の司書がいます。
    おもしろい本をたくさん紹介できますので、お気軽にお声をかけてください。

ばんざいいちねんせい

いい本みつけた!

おはなし会

課題図書一覧 全国・千葉県

大型絵本・大型紙芝居の利用方法と一覧